台のネカセで回転率が変わるのは今でも同じ?



台のネカセで回転率が変わるのは今でも同じ?

2009年07月29日

今回のテーマは『台のネカセ』について。

この台のネカセとは、台を設置する時の傾斜角のことをいいます。


平均のネカセの角度は、4分5厘でこれより
垂直に設置する(ネカセをきつくする)と、
玉が釘に絡みにくくなります。


それと同時にステージに乗った玉がすぐに
落下してしまったりと回転にムラが起きやすくなります。


そのために慶次2などのMAXタイプでは、
あえて命釘を開けて、ネカセをきつく(3分5厘)
するようなホールもあります。


なんかさっきまではよくデジタルが回っていたのに
急に回り具合が悪くなったというのは、こうした影響が
あるからなのです。


特に最近出た『地中海』などの海シリーズでは
ステージからの入賞率が回転率に大きく影響するので
ステージ上で玉がゆらゆらとしてるような台を選んで
打つとよくデジタルが回ります。


それと『ネカセ」に関しては一度ホール側で
調整したらほとんどは変えません。


なので、台のクセをある程度掴んでおけば
打ち手によって高回転率の台になる可能性も多々あります。



是非ともストロークを色々と試してみて
意外なお宝台をGETしてみてください。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamikawa7/51698590