パチンコで安定した収支を得るためには・・・?



パチンコで安定した収支を得るためには・・・?

2008年08月22日

パチンコホールに行く方は、


●パチンコ派

●スロット派



に別れます。



そしてパチンコとスロットでは、1日に回せる回転数が大きく違います。




また特にパチンコの場合、例え優秀台を確保したとしても
1日単位で期待値通りにピッタリの収支を得ることは難しいのです。



だからこそ、余計に確率の収束に近づけるためには
より多くデジタルが回る台を打つ必要性があるわけです。




それから今現在のセブン機などは、リーチアクションなど演出が
非常に長いものが多いために、そのようなリーチアクションをカット
する意味でも出来るだけ多く回る台を打ち、保留3・4個点灯させる
必要があります。



スロットと違って、1分間あたりの回せるデジタル回転数も
パチンコの場合にはある程度の限界がありますからね。





またパチンコ機の波が非常に荒く感じるのもは・・・?!













実は確変や時短機能があるからなのです。




ここでの連チャンやあるいは確変の引き戻しなどは
打ち手の運次第もありますが、それでも一撃必殺10連チャンや、
その反対に単発で終わってしまうこともあります。




また確変が引けずに、単発大当たりで終わってしまい
その後には大当たりが来ない場合もあります。



 
ただ、こうした波もある一定の期間を過ぎればある程度落ち着きます。



落ち着くというと語弊がありますが、つまりそれだけデジタルの
消化を多くしていくことで確率が落ち着くということです。




そのためには、1日や2日のデータだけでその台の結果を
見ることが間違いであります。




収支も全く一緒でえ、例えその日は負けても
あるいは2,3日負けてもトータルでプラスになればよいのです。




パチンコで勝てる人間は、こうしたトータルで考えれるのです。



とにかくその日の結果に一喜一憂することなく
収支はあくまで1ヶ月のスパンで考えるようにしてくださいね!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamikawa7/51494588