【パチンコ必勝法】釘師の裏側を紐解く!



【パチンコ必勝法】釘師の裏側を紐解く!

2008年08月21日

パチンコは今も昔も変わらずクギが存在いたします。

もちろん時代が変わってもクギ師がなくなることもないですよね?


確かにクギ師専門となる職人がいなくなったのも事実ですがその分、現役の現場の店長クラスがクギ調整を行っております。


ここでいきなりですが?


スタート回数というものをご存知でしょうか?


もちろん知ってますよね?


このスタート回数ですが、1分間にデジタルが何回回るのか示した数字のことなんですが・・・・


例えば、1分間に5.6回スタート回数がペイラインとした場合


●イベントや新台入替の時は6.0回

●回収したい時は5.4回


といったような感じでその数字になるように調整いたします。



最近ではとても便利なツールが出てきております。


それはですね?


『クギ調整シュミレーションソフト』です。


これを使えば、


 ・平均回転数
 
 ・換金率

 ・稼動数


などを入力すると、理想のスタート回数が出るという優れもの。



ここであえていわせてもらうなら今後は単なるスタート回数を揃えるだけでなく、ゲージのスランプをなくす技術がクギ師に求められるのでありますね。


例で言うとですね?


スタート回数が5.6回でもスランプのある5.6回とスランプのない5.6回ではお客に与える体感回転数が全然違ってきますから・・・・・


実際には、すでに大手チェーン店などはスランプをなくすスタート回数をきっちりとやってます。


本部から細かいクギ調整のゲージ表などが送られてその通りに各店舗の店長がクギ調整を行うわけですね。


お客をその機種に付けようと思うのならば、こういったゲージのスランプをなくすことは非常に大事なことであります。


クギ師が求められる技術は、今後も変わらないものとなるでしょうね。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamikawa7/51494144