【パチンコ必勝法】引き際が肝心ですよ!



【パチンコ必勝法】引き際が肝心ですよ!

2008年08月17日

あなたはパチンコを打つ時に、ちゃんとした止め時を心がけてますでしょうか?


ですが、ほとんどの多くのパチンカーが実際にはついつい粘ってしまって負けてしまうというパターンに陥ってしまうわけなのですね?


もちろんそうでない方もいます。

ですが、ほとんどが稀ですね。。。


よくスポーツ界、ここでは分かりやすく
例えるとプロ野球や今人気の格闘技なんかを例にしましょう。


こういった一見華やかな世界こそ『引き際』が大事だと
いいます。

いつまでもベテランが昔の栄光にすがり付き、
若手が育たなくなるというデフレスパイラルは、どこの世界でもあることです。



当人は

『まだまだ俺はやれる!』

『俺は客を呼べる!』

『俺はスターだ!』


などという自惚れが。時にはチームや本人までもダメにします。


あるいは観客をガッカリさせてしまいます。


やはりここは『引き際』が大事です。

一番ベストなのは、自分が最高潮の時に惜しまれて

『まだやれるんではないの?』

と思われて引退するのが一番です!!


これはそっくりそのままパチンコにも当てはまります!


『一番勝ってる時に、さっとやめる!』

分かっていても、多くの方々がいざとなると

『いや!まだあともう少し出るはずだ!』

と思い、ズルズル打ってしまうことが多々あります。

ここでパチンコでは理不尽なことがよく起こります。



・時間がない時に連チャンが止まらない

・新台で一番クギが開いてる台なのに、一番ハマッテしまう

・クギがシブイのに隣の客の台が1,000円で大当たりする

・単発が10回以上も続いてしまう

・閉店間際に1,000円で確変が掛かってしまう


数え上げたらキリがありませんよね?


大事なことは、短い時間でしか勝負しない人、
毎日打たない人などは短期間で判断しないことです。


つまり遊技している時間がどれだけかを考慮しないといけません。


当然打つ時間の期間が年間通して長い人は、
トータルで何ヶ月かは不運に見舞われるということですね?


ですので、何が言いたいのかと申しますと
短期間での勝負にはどうしても運・不運が付きものであるということなのです!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamikawa7/51490524